AVIuTL

AvuUtlコーデックを使ってエンコードし、コンテナに詰め込む仕組みとは 動画の基本を詳しく解説

Sponsored Link

Sponsored Link

動画の基本

動画の基本について簡単にまとめておくと。

  • 動画は「映像データ」と「音声データ」でできていて
    この2つが一緒になって初めて動画になります。
  • 動画ファイルは「コンテナ」(コンテナフォーマット)と呼ばれていて
    その中に映像データと音声データが収納されています。
    データをコンテナに詰めることを「コンテナ化」「多重化」「カプセル化」するといいます。
    また音声ファイルだけの場合は、音声ファイル専用のコンテナが使われます。
  • データをコンテナに詰め込みをする際。
    そのままではデータがコンテナに入らないので。
    動画の容量を圧縮したり、視聴が可能なような動画形式に変換しないといけません。
    この圧縮・変換作業のことを「エンコード」といいます。
    またそのままでは再生することはできませんから元の状態に復元しなくてはいけませんが。
    そのことを「デコード」といいます。
  • エンコードやデコードを行う際、使われるプログラムのことを「コーデック」といいます。
    コーデックがないと「コンテナ化」ができません。
    またコーデックの良し悪しで「画質」や「音質」が左右されます。

    コーデックは「Compression/DECompression」(圧縮/伸長)の略で。
    エンコードとデコードができる機器とか、ソフトウェア。
    またはそのアルゴリズムのことを言います。変換をするために必要なソフトウエアということです。代表的な動画コーデックとしては
    Xvid・Divx・H.263・H.264 ・MPEG-4・ MPEG-1・MPEG-2などがあり代表的な音声コーデックとしては
    MP3・AAC・AC-3・LPCM・WMA・FLACなどがあります。またコンテナの種類によって使えるコーデックが違ってきます。
  • さらにいうとエンコードで圧縮した動画はそのままでは再生できませんから。
    元の状態に戻すのにデコードで復元しなくてはなりません。
    その際 デコード時に使われるコーデックは、エンコード時に使ったコーデックと同じである必要があります。
  • コーデックを使ってエンコードされたデータが詰め込まれた「コンテナ」には種類があり、
    その種類で動画形式が決まります。
    映像+音声が入るコンテナには
    AVI・MP4・MOV・MPEG・FLVなどなど
    音声のみが入るコンテナにはMP3・MP2・M4Aなどなどがあって。
    コンテナ名の最後に.aviや.mp4などという拡張子が付くので
    それによってコンテナ(動画ファイル)の動画形式がわかります。
  • コンテナによって機能が異なるのですべての「コーデック」がすべてのコンテナで使えるというわけではありません。
    どの組み合わせでできるかは覚えるしかありません。

    引用元

    コンテナ名
    (動画形式)
    ファイルフォーマット
    (拡張子)
    使用できる代表的な
    映像コーデック
    使用できる代表的な
    音声コーデック
    AVI  .avi  H.264・Xvid・Divx・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM
    MP4  .mp4 .m4a  H.264・Xvid・Divx・MPEG-4 AAC・MP3・Voribis・AC-3
    MOV  .mov .qt  H.264・MJEG・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM
    MPEG2-TS  .m2ts .ts  H.264・MPEG-2 AAC・AC-3・MP3(BDMVはAC-3、BDAVはAACって感じ)
    MPEG2-PS  .mpeg .mpg  MPEG-2・MPEG-1・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM
    MKV  .mkv  H.264・Xvid・Divx・MPEG-4 AAC・Vorbis・MP3・LPCM・FLAC
    WMV  .wmv(.asf)  WMV9 WMA・MP3・AAC
    FLV  .flv (後継:F4V)  VP6・H.263・H.264(バージョンによる) MP3・AAC・ADPCM
    ASF  .asf(.wmv)  H.264・Xvid・Divx・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM・FLAC
    VOB  .wmv  MPEG-2・MPEG-1 PCM・AC3・MP2
    WebM  .webm  VP9・VP8 Vorbis
    OGM  .ogm  Xvid・Divx MP3、Vorbis

     

以上が簡単な基礎知識です。

AviUtlで動画をエンコードする

上記の動画の基本を押さえた上でAviUtlで動画をエンコード(圧縮)するやり方を見ていきたいと思います。

AviUtlのメインウインドウ
のメニューから「ファイル」をクリックすると以下のようなメニューが出てきます。

その中の2つ。

AVI出力(Ctrl+S):パソコン内にインストールされている内蔵コーデックを使ってエンコードします。
プラグイン出力:パソコン内にはインストールされていないコーデックをインストールして動画をエンコードします。

のいずれかを使ってエンコード(圧縮してコンテナに収納)を行い、出力します。

圧縮について

どちらを選ぶかは
可逆圧縮をするかどうか。
非可逆圧縮をするかどうか。
無圧縮(圧縮しない)かどうか

によりますのでまずはその説明から。

可逆圧縮とは

可逆圧縮とは圧縮する前と、した後のデータが同じになる圧縮方法で。
圧縮したデータを元に戻したときに、データを完全に元に戻すことができるやり方です。

zipファイルを例に出すと。
zipファイルは圧縮されたデータなんですが。
解凍ソフトで完全にもとに戻せます。
こういうものが可逆圧縮です。

動画編集では、画質を落とさずに出力できるため劣化をさせないで保存したい時,
例えば他の編集ソフトで使うための中間ファイルとして保存したい。
などというときに使用します。
ただファイルが大きくなるので、その点注意が必要です。

可逆圧縮を行えるコーデックとし手元もおすすめなのが

Ut Video (Ut Video Codec Suite)です。

詳しくは以下の記事などご覧ください。

コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方

不可逆圧縮とは

圧縮する時にファイルサイズを小さくするためにいらない部分を削リます。
なのでもとに戻すことはできません。

しかし大量のデータを含む音声や動画を無圧縮や可逆圧縮コーデックで保存した場合膨大な容量が必要なため。
ネット上でそれらのファイルの受け渡したりアップロードしたりするのには無理があります。

そのため「動画共有サイト投稿用の動画」を出力したい、などのときには
『非可逆圧縮コーデック』によって圧縮された物を使います。

元の画質に戻すことができないというデメリットよりも
可逆圧縮よりもさらにファイルサイズを小さくできるというメリットのほうがはるかに大きいので。
ストリーミング配信動画のほとんどは非可逆圧縮をしたものとなっています。

よく使われているのはMPEG-4 AVC(H.264)です。

使用頻度が高い「.mp4」(.h264コーデック)使えるため。
本サイトでは最初の初期設定でMPEG-4 AVC(H.264)の導入を勧めてあります。

非圧縮(無圧縮)とは

圧縮しないので元のデータそのものを出力します。
ファイルサイズは大きくなりますが劣化が無いので
他の動画で動画素材として使用するためのマスターデータとして残す場合などに使われます。

AviUtlにおける出力の実際

それでは実際に出力についてまとめてみます。

AV出力

AviUtlメインウインドウ上部のメニューの中から「ファイル」をクリックし
「AVI出力(Ctrl+S)」をクリックすると以下のような画面が出てきます。

プラグイン出力でも同様の画面が表示されますので。
この画面で説明をしていきたいと思います。

設定項目は以下。

保存場所
ファイル名
バッチ登録(別ページにて解説)
ビデオ圧縮
オーディオ圧縮
再圧縮の有無(ビデオ・音声)
音声の有り・無し
音声のWAV出力
インターリーブ間隔
ログ出力
EX.info

保存場所:出力した動画をどこに保存するかを決めます。

ファイル名:保存するフィルに名前をつけます。

バッチ登録:バッチ登録をすると、複数の動画を一回の操作でエンコードすることができます。

これで出力した場合登録した動画は
ファイル→バッチ出力をクリックすると出てくる

「バッチ出力リスト」に保存されます。

 

バッチ登録した動画を適宜入れ替えたり追加するなどした後「開始」ボタンを押すとバッチ出力がはじまります。

ビデオ圧縮:どのコーデックでエンコードするかを決めます。

ビデオ圧縮をクリックすると出力設定のダイアログが出てきます。

圧縮プログラムのボックスのプルダウンボタンをクリックすると使えるコーデックが出てきます。

可逆圧縮をする場合は

可逆圧縮コーデックを使いますが。
デフォルトのものではなく、外部からダウンロードしたものを使うのが一般的です。
優れたものがいくつかありますが。
当サイトではUt Video (Ut Video Codec Suite)を主に使っています。
インストールすると同じUt Videoでもたくさんのコーデックが出てきますが。
どれを選ぶかわからない場合は別記事を参照してください。

非圧縮で出力する場合、一番下、最初から入っている未圧縮かYUY2を選択します。

非可逆圧縮でもできますがmp4でエンコードしたほうが良いので「プラグイン出力」を使います。

コーデックを選択したらOKボタンをクリック。

オーディオ圧縮:音声をエンコードするためのコーデックを設定することができます。

「オーディオ圧縮」をクリックすると「サウンドの選択」の画面が出てきます。
ファイル名に名前をつけます。

コーデックはデフォルトで付いているPCMか外部からダウンロードしたMPEG Layer-3(mp3)を主に使います。

AviUtlでMP3コーデックとして使えるのは
LameACMというコーデックだけで。
いろいろやりましたがそれ以外はだめっぽいです。

インストールの仕方とか少しややこしいので別記事にしました。

AviUtlでMP3コーデックとして使えるLameLameACMを呼び出せるのインストール方法

WindowsパソコンにインストールするとMPEG Layer-3がサウンド形式のメニューに追加されmp3コーデックとして使うことができます。

再圧縮の有無(ビデオ・音声)

チェックを入れると映像・音声を「.avi」をカット編集した時に再圧縮せずに無劣化で出力できます。
ただしいろんな成約があったりしますので。
詳しくは別記事で書いてみます。

音声の有り・無し

音声を出力するかどうかを決めます。
音声なしにチェックを入れると動画を音のないものにすることができます。
音声のWAV出力

動画を出力するときに無劣化のWAV音声ファイルも同時に出力するかどうか。
インターリーブ間隔

映像と音声の並びが交互になっている状態を「インタリーブ」といいます。
とりあえずデフォルトの1でOK.

プラグイン出力

パソコンにインストールした外部のエンコーダーを使用して、高圧縮・高画質で動画をエンコードするものです。
ファイル→プラグイン出力にカーソルを当てると出てくるコーデックの中から例えばx264guiE
を選んでクリックするとAV出力と時と同じ画面が出てきます。
違いはx264guiEの表示が出てくることのみ。

なので操作は同じです。

インストールした外部エンコードは基本、非可逆圧縮を行うものです。

代表的なプラグイン

MP4・MKV 出力プラグイン(x264guiEx)

「.mp4」(.h264コーデック)で出力する事ができるプラグイン

インストールの仕方などについては以下の記事をご覧ください。

無料なのに高機能!初心者に敷居が高い動画編集ソフト【AviUtil】が最低限使えるようになるまでのインストールの仕方を詳しく解説②

ビデオ圧縮ボタンをクリックすると以下の画像が現れます。

詳細設定

プロファイル

このプラグインが素晴らしいのは予めプロファイルが用意されているので。
目的に応じてただそれを選択すれば目的に合う動画をエンコードすることができます。

ちなみに「プロファイル」とは「動画に使うことが許された技術仕様の組み合わせ」のことを言うそうで。
ピクセル数やフレームレート、ビットレートといったものは「プロファイル」と「レベル」という組み合わせで決められていて。
本来であればそれらのパラメーターを調整しなくてはならないところ。
自分の目的にあった「プロファイル」をクリックして選ぶだけで良いのは楽です^^;

その他の設定

基本的にデフォルトで十分です。
細かく調整をしたい場合には以下などが参考になると思います。

拡張 x264 出力(GUI)Exの設定項目とその機能について

Direct  GIF Export 2(GIF出力プラグイン)

「.gif」として出力する事ができる出力プラグインで
gifの細かい設定もできます。

詳しくは別記事で。

AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイン Direct GIF Export 2

拡張編集AVI/BMP出力(RGBA)(AVI出力プラグイン)もありますが。
これはあまり使わないと思います。

以なので上記2つでとりあえずは困らないと思いますが。

それとは別に優れたプラグインはまだありますので。
別記事で書いていきたいと思います。

まとめ

パソコン音痴にとってエンコードとかコーデックとかは非常にわかりにくいのではないでしょうか。
かく言う私がそうだったんですが^^;
私の場合、様々な解説記事を読んでもさっぱりわからない状態が暫く続きました。

触っているうちにだんだん理解も深まってきましたが。

ちょっとでも飛ばされると頭が真っ白になるような。
そんな私のような方のためにAvuUtl限定ではありますが。

コーデックを使ってエンコードし、コンテナに詰め込む仕組についての最低限の情報を載せた記事を書いてみました。

AviUtl全体の解説は以下

AviUtil全体の仕組みを概観 最低限使えるようになるための基礎知識

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. AviUtilの各ウインドウの解説 「メインウィンドウ」詳細
  2. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑧ラスター・波紋・…
  3. AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方
  4. AviUtlでMP3コーデックとして使えるLameLameACM…
  5. AviUtl テキストオブジェクト編集詳細 字幕・テロップ・エン…
  6. コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と…
  7. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑨ミラー・画像ルー…
  8. AviUtl タイムラインの空いているところを右クリックして出て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト構築関連

  1. Windows10 でフォルダの拡張子を表示するには?
  2. 簡単なワードプレスのバックアップ方法 エックサーバーでの詳細説明
  3. 【Basics of site construction】多すぎる選択肢 ホームページ作成方法  HTMLとCMSの長所と短所を知るべし
  4. 【Basics of site construction】ワードプレスで日付を消す方法
  5. 【Basics of site construction】ドメインの選び方と名前の選定 サブディレクトリとサブドメインの役割について
  6. Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
  7. WordPressのフォルダ構成とバックアップの仕方
  8. 独自ドメインのメールアドレスとメールソフトの設定について!Windows10やGmailでで簡単に送受信する方法や

プログラミング関連

Sponsored Link

おすすめ記事

知っておくと便利なセレクタまとめ

セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…

WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…

WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方

使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…

aタグの活用 記事の途中にジャンプさせたりCSSでリンクボタンを作る

HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…

HTML ul ol liタグで作る箇条書きリスト 使い方の基本

箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…

HTML CSS テーブル(表)の作り方とその装飾の仕方 基本

表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…

HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…

自己紹介

自己紹介

酒場マリアジョイ

酒場マリアジョイ

ウエブマーケティング入門酒場 
マリアジョイ
疲れたら一休み(^_-)-☆

AviUtl

AviUtl

AviUtlの初期設定・使い方の実際
・エンコードなどについて
書いた記事をまとめてあります。

Sponsored Link

普段使い画像編集ソフト

普段使い画像編集ソフト

普段遣い画像編集ソフト
軽快にちゃっちゃか編集できるすぐれものです。

人気の投稿とページ

MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳細
コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方
Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説
AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方
AviUtil カメラ制御の基本の基本を詳しく解説
AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイン Direct GIF Export 2
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説③クリッピング・斜めクリッピング・マスク
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑤透過・透明化エフェクト クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑬アニメーション効果(3)

ソフト・アプリの使い方

PAGE TOP