AVIuTL

AviUtlでMP3コーデックとして使えるLameLameACMを呼び出せるのインストール方法

Sponsored Link

Sponsored Link

AviUtlでMP3コーデックとして使えるLameLameACM

AviUtlはデフォルトではMP3コーデックが入っていませんので使用するためには
MP3 コーデックを導入する必要があります。

lame」はそのうちとひとつです。
普通は「lame」をダウンロードし。
その中にある「lame.exe」をクリックすれば作動します。
それに対応しているソフトであればダウンロードページから

LAME 3.100

など最新のものををダウンロードして展開すると「lame.exe」「lame_enc.dll」が入っていますので
それをクリックしてインストールすればよいのですが。

AviUtlは「lame.exe」「lame_enc.dll」には対応しておらず。
そのlameをWindowsのソフト上からWindows経由で呼び出せるようにした「lameACM」にしか対応していません。

なので「lame.exe」「lame_enc.dll」を開いてもそれでAviUtlにコーデックを追加することができません。

LameACMのダウンロード

MP3コーデックをLameACMをダウンロードするには
ダウンロードページに飛んでLAME 3.99.5 ACM codecをダウンロードします。

解凍すると以下のようなファイル構成になります。

HOWTO Install LAME-ACM on x64.txt:64bitOSでのインストールの方法
lame_acm.xml:コーデックに関するXMLファイル
lameACM.acm:コーデックの主ファイル
LameACM.inf:Windowsにインストールの方法を教えるためのファイル

インストール

パソコンのOSのbit数が32bitか64bitでインストールの仕方が違います。
新しいものはだいたい64bitになっていると思います。

どちらかわからない場合には
スタートメニュー→設定→システム→バージョン情報を開いて確認をします。

32bitの場合には

解凍したファオルダのファイル構成のうち「LameACM.inf」を右クリック→「インストール」をクリック
これでインストールは完了します。

しかし64bitの場合は。

まずcドライブ直下に自分がわかりやすい半角英文字のフォルダをに作成し(ここではlame)
その中に解凍したフォルダの中にある「lame_acm.xml」「lameACM.acm」「LameACM.inf」を移動させます。

その上で「コマンドプロンプト」を開きます。
なおその際「管理者として実行」します。

LameACMをインストールする場合には「管理者として実行」画面でないと反映されません。

スタートメニュー→Windowsシステムツール→コマンドプロンプト→その他→「管理者として実行」をクリック

コマンドプロンプトを開くのに一番簡単なのは
スタートメニューの検索で「cmd.exe」と入力することです。

Windows10では以下のような画面になります。

起動したコマンドプロンプト画面の「C:¥WINDOWS¥system32>」の後ろに

cd %windir%\SysWOW64

と入力しEnterキーを押します。

すると出てくる「C:\Windows\SysWOW64>」の後ろに
今度は

rundll32 setupapi.dll,InstallHinfSection DefaultInstall 0 C:¥lame¥LameACM.inf

と入力し
エンターキーを押せば完了です。

なおC:¥lame¥LameACM.infを保存した場所とファイルの名前です。
ですので名前が違う場合はその名前を記入します。

コマンドプロンプト上で「右クリック」→「貼り付け」(またはクリップボードに保存jしたものをwin+vで貼り付け)をしたほうが確実です。
記入すると間違えやすいです^^;

以下は一回失敗してもう一回やり直したものです。

最後にインストールできているかを確認します。

AviUtlのメウインドウメニュー→メニュー→WAV出力をクリック

出てきた画面のオーディオ圧縮をクリック
出てきた「サウンドの選択」画面の「形式」のプルダウンメニューの中に

MPEG Layer3

があればインストール確かにインストールができていることになります。

 

今回はここまで。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. AviUtl中間点の作り方とその活用 各画面の関連を見ながら操作…
  2. AviUtl タイムラインの使い方④エフェクトのかけ方
  3. AviUtlの初期設定 システム設定とフィルターの順序などを詳し…
  4. AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方
  5. AviUtil全体の仕組みを概観 最低限使えるようになるための基…
  6. AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイ…
  7. 無料なのに高機能!初心者に敷居が高い動画編集ソフト【AviUti…
  8. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑯カメラ制御オプシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト構築関連

  1. WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ
  2. WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 
  3. 【Basics of site construction】多すぎる選択肢 ホームページ作成方法  HTMLとCMSの長所と短所を知るべし
  4. エックスサーバーでSSL化設定をするやり方を詳細に解説してみた
  5. Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
  6. 【Basics of site construction】ドメインの選び方と名前の選定 サブディレクトリとサブドメインの役割について
  7. Windows10 でフォルダの拡張子を表示するには?
  8. HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説

プログラミング関連

Sponsored Link

おすすめ記事

知っておくと便利なセレクタまとめ

セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…

WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…

WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方

使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…

aタグの活用 記事の途中にジャンプさせたりCSSでリンクボタンを作る

HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…

HTML ul ol liタグで作る箇条書きリスト 使い方の基本

箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…

HTML CSS テーブル(表)の作り方とその装飾の仕方 基本

表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…

HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…

自己紹介

自己紹介

酒場マリアジョイ

酒場マリアジョイ

ウエブマーケティング入門酒場 
マリアジョイ
疲れたら一休み(^_-)-☆

AviUtl

AviUtl

AviUtlの初期設定・使い方の実際
・エンコードなどについて
書いた記事をまとめてあります。

Sponsored Link

普段使い画像編集ソフト

普段使い画像編集ソフト

普段遣い画像編集ソフト
軽快にちゃっちゃか編集できるすぐれものです。

人気の投稿とページ

MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳細
コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方
AviUtl合成モードの種類とその効果 使い方
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説①色系エフェクト
AviUtlの初期設定 システム設定とフィルターの順序などを詳しく解説
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑧ラスター・波紋・極座標変換・ディスプレイスメントマップ
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑩アニメーション効果・シーンチェンジ・基本効果・振動・ノイズ
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑭シーンチェンジ(切替効果)の種類とその使い方についてまとめ
AviUtil カメラ制御の基本の基本を詳しく解説
HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

ソフト・アプリの使い方

PAGE TOP