Photo Scape

画像の編集ソフトPhotoscapeの使い方①ダウンロードから画像編集操作の実際まで

Sponsored Link

Sponsored Link

編集、カタログ作成、編成、構成、効果など用途に応じてたくさんのアプリケーションがありますが。
そんな中でもPhotoscapeは無料の画像処理ソフトの中でも非常に使いやすくしかも高機能。
画像閲覧、画像編集、画像結合、GIFアニメ作成と印刷などが画面内のボタン(タブ)をクリックするだけで切り替わって使えます。

しかも・・・・・直感的に使用する事ができるので私のような情弱にもわかりやすく、非常におすすめです。
プロの本格的な編集に耐えるほどの機能や精度は備えていませんが、それはほとんどの方には不要のものですし。
本格的なものは操作が難しくなります。

Photoscapeのダウンロード

まずはダウンロード

以下などでWindows用Photoscapeをダウンロードできます。

https://www.softpedia.com/get/Multimedia/Graphic/Graphic-Editors/PhotoScape.shtml

 

追記

なお最後にも書いてありますが。
このPhotoscapeは最近はマルウエアが仕込まれているものがありして
マルウエアソフトをダウンロードする前にマルウエア駆除ソフトをあらじめ入れておくことをおすすめします。
今回新しくダウンロードしてみたんですが。
いくつかにはマルウエアが仕込まれていてマルウエア駆除ソフトはそれを瞬時に除去してダウンロードを取消してくれました。

私がおすすめしたいマルウエア除去ソフトはマルウエアバイトです。
高額なウイルス除去ソフトに比べて安価で且つ強力です。

無料版もありますので最初はそれで試されることをおすすめします。

https://www.malwarebytes.com/

マルウエアバイトさえインストールしておけば確実にブロックしてくれますので。
(瀬戸際でブロックしてくれるのは有料版なんですが、2週間は無料で有料版を試すことができます)
安心してPhotoscapeをダウンロードすることができます。

英語なんで。一応ダウンロードの場所だけ説明しておきます。
上記URLをクリックステ出てきた画面の上の方にexploreというボタンが有りますので。
そこにマウスを置くと以下の画面が出てきますので右の無料版をクリックします。

 

もとに戻ります。

 

ダウンロードボタンを押すとさらに新しいページが出てきますので2回ダウンロードボタンを押して
更に次に出てきたページのダウンロードボタンを押すと以下の画面が出てきてダウンロードすることが出来ます。

 

 

ダウンロードが済むと以下の画面が表示されますので「インストールをクリック。」

インストールが終わると以下のような画面が出ますので「完了」を押します。

するとPhotoscapeが起動します。

今回はPhotoscapeのw様々な機能のうち「画像編集」(画像閲覧を含む)についてまとめてみます。

これが使えるだけでもとっても便利!

Photoscapeで何ができるか(1)画像編集

起動画面にメニューが出ています。
何ができるのかがはっきりとしていて非常にわかりやすいです。

 

①画像閲覧

起動画面メニューのうち「画像閲覧」をクリックすると以下のような画面が表れます。
左に示されたファイル一覧の中から画像が入っているフォルダをキリックするとその画像が右側に表示されます。
下図の場合、

「カマキリ」画像を入れてあるフォルダをクリックしたのでカマキリの画像が表示されています。

この画像閲覧は他のメニューでも表示されますが。
その場合下の枠に表示されます。

画像ストックは縦長に表記され編集画面が広いスペースを占めています。

以下は「画像編集」画面です。

画像をクリックするかドラッグ・アンド・ドロップすれば編集画面に表示されます。

なお「画像閲覧」画面は小さくて見にくいという場合があると思います。
また順番を最新に変えられないとか不便な点もありますので。
一つのフォルダにたくさんのh画像が入っている場合などは探すのがが大変です。

その場合そこからでなくてもパソコンの保存したファイルから画像をドラッグ・アンド・ドロップすることが出来ます。

②画像編集・・「ホーム」の使い方

一枚の画像を編集したい場合には「画像編集をクリック。
出てきた画面に編集する画像を入れます。

下のパネル左側に「ホーム」というボタンがありますが。
ここではフレームの編集と画像の編集jのほとんどを行います。

フレーム編集部分の使い方

フレームを付けるにはタブの付いた箱部分をクリックします。
すると枠の種類が表示されますのでそこから選ぶことが出来ます。
例えば

 

 

選んだフレームをクリックするとこうなります。

また右の星マークは気に入ったフレームを保存できるというもので。
「お気に入りフレームの管理」を押すと

以下のような画面が出てきます。
その中からお気に入りのフレームを選び、「お気に入りに追加」をクリックすると「お気に入り」に移動します。

また一番下にある「円形」「余白」「フレームライン」のボタンがそれぞれ指定したフレームに変化を与えていきます。

例えば「円形」をクリックすると画面が立ち上がり、背景やフレームラインの色など様々な変更が行なえます。

画像の補正やリサイズ

右側の塊は画像の編集です。

右上のボタンや下の回転などのボタンを使うと画像をセピア色にしたり反転させたりすることが出来ます。
また下のボタンをクリックすると画像を回転させたりすることが出来ます。

ちなみに適当にボタンを押してみます。するとこの画像が以下のように変わります。

白黒反転をして180度回転。

画像の大きさを変えるリサイズは右タブをクリックし、出てきた表示の中から必要な事項選んでいきます。

 

下の方にある「幅の調整」「高さの調整」を選ぶと以下のような表示が出てきますので。
細かい数字を打ち込むことで画像の大きさを調整することが出来ます。

またここでも回転を指定することが出来ます。

さらにその下の「明るさ、カラー」のタブをクリックすると以下のようになり。様々な指定ができます。

「セピア色」をクリックした場合。

たとえば「明るさ、カラー」→「カラー化」をクリックすると以下の様の画面が立ち上がり、それを調整することで様々に変化します。

これ以上細かい指定をしたい場合には以下を使います。

例えば「フィルター」→「アンティーク写真」→そのレベルを決めてクリックすると
以下のように古びた画像に変化します。

しかもこれらは組み合わせることが出来ますので
ある意味Photoshopにも負けない?画像編集ができます。

しかし・・・
例えば背景にある木が邪魔だから、といらない画像を消したりすることは繊細にはは出来ません。

あとで解説する「ツール」に補正機能がついているんですがそっちはちとしょぼいです。
プロ使用には及ばないと言われている所以です^^;
でも無料ですし・・・・
普通にブログなどに使う画像の編集であれば十分すぎる機能を持っていますのでおすすめです。

③画像に文字や線を付け加えるオブジェクトの使い方

画像そのものの加工は「ホーム」で行えるということがわかりました。
今度はその画像に文字や線や吹き出し、画像などを付け加える機能は「オブジェクト」にまとめられています。

1貼り付けボタンの使い方

左上四角いアイコンが画像取り込みボタン。

その右のハートマークは様々なアイコンを選んで貼り付けられるボタン。。

二列目左が様々な吹き出しとその中のセリフを挿入することができるボタン。

二列目右が文字の挿入ボタン。

三列目左がやはり文字挿入ですが「Rich Edit」とあって多少の飾りができるボタン。

三列右にあるのがシンボルといって記号とか、マークなどを貼り付けられるボタン。。

とりあえず全部使ってみた画像がこれ。

使い方はどれも似ていますが
画像やアイコンのとりこみ操作と文字の操作の例を書いてみたいと思います。

画像の取り込みの場合。

四角のアイコンにマウスを当てると以下のように出てきますのでphoto(写真と書いてあることもある)をクリックします。
するとエクスプローラーが開きますのでパソコンに保存してある画像を選びます。

そうすると最初に貼り付けてある画像の上に追加の画像が表示されます。
今回は酒と書かれたちょうちんと酔っ払っている女性の画像を挿入しました。

 

それで挿入したあと気をつけたいこと。
どうしても画像が追加できませんと言われた子音があるんですが。
画像閲覧の画像をいくらクリックしても画像がその画像に変わるだけで
画像を追加することが出来ません。

 

画像の上に更に画像を貼り付けたい場合は必ず四角のアイコンをクリックして画像を選んでください

挿入した画像はそのままだと大きすぎたり場所が不具合だったりしています。
それで画像を選ぶと左下に以下のような編集画面が表れますが。
「不透明度の調整」以外はそれを消して画面上で直接画像を編集したほうが楽です。

 

消すと画像がアクティブになりますので、画像の端や真ん中にある四角や中央にある丸の部分にマウスを当て、
動かすことで拡大や縮小ができます。
まだ画像をマウスで左クリックしたまま動かすことが出来ます。

アイコンの貼り付け

アイコンやシンボルの場合クリックすると画面が立ち上がりいますので
そこから選ぶことが出来ます。

選んでクリックすると以下のように挿入されますので。
それを先程の画像の操作と同じようにして適当な大きさに変えて適宜な場所に移動させます。

文字の挿入

文字を挿入する必要があるものは3つありますが。
「吹き出し」で説明をしてみます。吹き出しのアイコンをクリックすると
左に吹き出しの編集画面が出ます。
そこで吹き出しの形を変えたり文字の大きさや色なども決めて編集したものが画像の編集画面に出ます。

あとは画像を適宜な大きさにし、必要な場所に移動します。

それ以外の操作はは似たようなものなので触っていけば使えるようになるはずです。

線や塗りつぶし画像の挿入

塗りつぶし画像はとりあえずパス。
最初から大きさが決まっているわけではないのでクリックして色を決め、マウスで範囲を決めてやるだけです。
四角以外の角のある図形は何角か選べるようになっています。

しかし上の枠は線とか囲みを挿入するボタンです。
上図でも囲みを2つ矢印を一個使っています。

線を追加する機能は私は常に使用をしているので非常に重宝しています。

一番左上の線がくねくねしている形のボタンは非常に便利なもので。
そのままですとお絵かきみたいな線になってしまうんですが。
shiftキーを押しながらマウスを動かすと直線で表示されます。

その隣の斜め線はそのままで直線が引けますが。
右の線の箱にあるタブをクリックすると。
様々な線を選ぶことが出来ます。

それ以外の4つは枠取りをするものです

その形によって以下のように枠が決まります。

 

トリミング

トリミングとは画面の一部だけを切り出す加工をすることです。
「オブジェクト」の隣の「トリミング」をクリックし、自由トリミングのタブをクリックすると以下の画面が立ち上がります。。
そこで切り方が指定できます。

ただ私はそういう面倒なことはせず、「自由トリミング」をクリックし、そのままトリミングをしています。

マスを動かして指定したら実際に画像を切っていき、終了後右にある「トリミング」をクリックすればトリミングが完了します。

 

ツールの使い方

一番右のツールボタンを押すと以下の画面が表れます。

「赤目」というのは。

フラッシュ撮影したとき光が目にあたり反射で瞳が赤く写ることがあり。
これを「赤目」と言います。
「赤目」ボタンを押して必要な部分にマウスを当てて範囲を指定すると赤く写った瞳を補正することが出来ます。

「ホクロ」というのは。
シミとか、そういったちょと消したいものなどがある場合、このボタンを押してその部分に当てると黒っぽいものを消すことが可能です。

「ペイントブラシ」「コピースタンプ」「効果ブラシ」もそれぞれ部分的にお化粧することができるツールです。

が・・・・Photoshopのように自由自在使えるというわけではありません^^;
まあ無料ですので仕方がありませんが。

この中では「効果ブラシ」を私はよく使っています。

効果ブラシ」をクリックすると様々な「効果」が表れますので。
選んでブラッシングしていきます。
今回見やすいように「白黒反転」をクリックしてからマウスを動かしました。
すると画像のようにマウスの軌跡がそのまま反転していることがわかると思います。

効果の中の「ぼかし」は結構使えます。

それとモザイクもよく使います。
ツールの右下にある「モザイク」をクリックするとモザイクの強度を聞く画面(上中下で表示)が表示されますので。
いずれかを選んでクリック→それから消したい部分にマウスを当てます。
パソコンの画面をスクリーンショットした場合、個人情報が見えてしまうっこともありますので。
それを消すのによく使います。

これでphotescapeにおける単体画像の編集方法が完全にわかったと思います。

たったこれだけです。
でも便利です。

私がphotescapeをタスクバーにおいていつも使っているのは主にこの画像編集のためです。
立ち上げても重くなることがなく、軽やかに動クのはとてもありがたいです。
そして高機能画像編集ソフトに比べて操作も簡単です。
サクサク画像編集が出来ます。
ただ一点この中で「メニュー」ボタンの解説をしていません。
これはphotescapeの記事の最後に解説をしていきます。

しかしphotescapeにはもっといろいろな機能があります。
次回はそれら別の機能についてまとめてみたいと思います。

今回はここまで。

続きは以下。

画像の編集ソフトPhotoscapeの使い方②複数画像の一括編集・ページ機能・統合・GIF アニメまで詳しく解説

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. AvuUtlコーデックを使ってエンコードし、コンテナに詰め込む仕…
  2. AviUtilの各ウインドウの解説 「メインウィンドウ」詳細
  3. MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳…
  4. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑦放射ブラー・方向…
  5. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑤透過・透明化エフ…
  6. 無料なのに高機能!初心者に敷居が高い動画編集ソフト【AviUti…
  7. AviUtl タイムラインの空いているところを右クリックして出て…
  8. AviUtlの初期設定 システム設定とフィルターの順序などを詳し…

コメント

  1. こんにちは、photoscapeのマルウェア感染で参考にさせていただきました。
    紹介のあったマルウェアバイトの2週間お試しをダウンロードしてから、photoscapeをwector経由でダウンロードしようとしたら、マルウェアが検索されたらしく、photoscapeが隔離されています。
    この隔離は解除しても問題ないのでしょうか?
    教えて下さい。

      • Main blog
      • 2019年 7月 13日

      隔離された場合にはダウンロードしたファイルにはウイルスが仕込まれているということですので、
      削除してください。
      そして別のダウンロードサイトからPhotoscapeをダウンロードしてください。
      いくつか試せば大丈夫なものが出てくると思います。
      それにしてもPhotoscapeは素晴らしい画像編集ソフトであるのに、
      こんな事になっててとても残念です。

サイト構築関連

  1. 【Basics of site construction】ワードプレスで日付を消す方法
  2. 【Basics of site construction】多すぎる選択肢 ホームページ作成方法  HTMLとCMSの長所と短所を知るべし
  3. 【Basics of site construction】カテゴリーを設定はSEO対策に最重要 読者にもわかりやすい整理整頓方法とは
  4. HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説
  5. WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ
  6. 独自ドメインのメールアドレスとメールソフトの設定について!Windows10やGmailでで簡単に送受信する方法や
  7. WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方
  8. WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

プログラミング関連

Sponsored Link

おすすめ記事

知っておくと便利なセレクタまとめ

セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…

WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…

WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方

使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…

aタグの活用 記事の途中にジャンプさせたりCSSでリンクボタンを作る

HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…

HTML ul ol liタグで作る箇条書きリスト 使い方の基本

箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…

HTML CSS テーブル(表)の作り方とその装飾の仕方 基本

表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…

HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…

自己紹介

自己紹介

酒場マリアジョイ

酒場マリアジョイ

ウエブマーケティング入門酒場 
マリアジョイ
疲れたら一休み(^_-)-☆

AviUtl

AviUtl

AviUtlの初期設定・使い方の実際
・エンコードなどについて
書いた記事をまとめてあります。

Sponsored Link

普段使い画像編集ソフト

普段使い画像編集ソフト

普段遣い画像編集ソフト
軽快にちゃっちゃか編集できるすぐれものです。

人気の投稿とページ

MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳細
コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方
Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説
AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方
AviUtil カメラ制御の基本の基本を詳しく解説
AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイン Direct GIF Export 2
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説③クリッピング・斜めクリッピング・マスク
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑤透過・透明化エフェクト クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑬アニメーション効果(3)

ソフト・アプリの使い方

PAGE TOP