AVIuTL

AviUtl タイムラインの使い方③メディアオブジェクトのメニュー詳説

Sponsored Link

Sponsored Link

タイムラインの右クリックメニューには2つありまして。

タイムラインの中の空白部分をクリックして出てくるものと
タイムラインのオブジェクト内にカーソルを当ててクリックすると出てくるものです。

「オブジェクト内をクリックすると出てくる右クリックメニュー」については。
以下の記事で詳しく説明をしています。

AviUtil タイムラインの使い方②オブジェクト内をクリックすると出てくる右クリックメニュー

この2つの使い方をしっかり押さえておく必要があります。
一つ一つ説明をしていきます。

タイムラインのオブジェクト外をクリックした際に出てくる右クリックメニュー

といってもたくさんありますが、それぞれ使いこなせるようにしたいものです。

今回は「メディアオブジェクトの追加」メニューの解説です。

 

「メディアオブジェクトの追加」メニュー詳細

「メディアオブジェクトの追加」では様々なオブジェクトをタイムラインに挿入することが出来ます。

「タイムラインの中で右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→メニュー
の中から必要なオブジェクトを選びます。

挿入されると

動画ファイルやテキスト、画像、図形などのオブジェクトは青いバー、
音声は赤いバー、
フィルタ効果やカメラ制御などはエメラルドグリーンぽいバー
・・・・・とそれぞれ色分けされていることがわかります。

メディアオブジェクトの各メニューについて説明を加えていきます。

動画ファイル・音声ファイル・画像ファイル

.aviや.mp4などの映像ファイル(動画ファイル)

mp3やwavなどの音声ファイル(音声ファイル)

png、jpgなどの画像ファイル(画像ファイル)

などを「メディアオブジェクトの追加」から挿入することが出来ます。

動画ファ イル

例えば動画の挿入を行うと動画ファイルのダイアログが表示され(表示されない場合はタイムライン上のオブジェクトをダブルクリック)、
そこで様々な設定を行うことができます。

動画をレーヤーの階層で重複して使う場合は「アルファチャンネルを読み込む」にチェックを入れると。
なにも無い部分を透明にしてくれるので。重なって見えます.

ただYou Tubeの使用する頻度が高いMP4についてはアルファチャンネルをサポートしていません

 

補足

MP4はアルファチャンネルをサポートしないので、
mp4のアルファチャンネル動画は無いですので注意。
「アルファチャンネルを読み込む」にチェックを入れるとエラーになります。

ということでMP4を挿入してそこに設定ダイアログから「アルファチャンネルを読み込む」にチェックを入れると
家のようなエラーが出ます。

また、「参照ファイル」をクリックしてPCに保存してある動画を呼び出して。
挿入したり。
別の動画に差し替えることが出来ます。

音が入った動画を読み込むと。
音声ファイルを読み込むと出てくるダイアログで音量を変えたり、
フェードアウトさせたりなど様々な設定ができます。
また「参照ファイル」をクリックしてPCに保存してある音楽ファイルを呼び出して。
挿入したり。
別の動画に差し替えることが出来ます。

画像も同様に挿入したり設定をしたりすることが出来ます。

テキスト

字幕として文字を挿入することが出来ます。
これはフォントや色、表示の仕方なども様々に編集することが出来ますし。
下の入力欄に文字を入力し、上のパラメータを調整したりなどして編集します。
1つのオブジェクトで1000文字程編集できますが、
テキストが最大画像サイズを超えた場合にはその部分はカットされます。

テキストに関する詳しい解説は以下をご覧ください。

AviUtl テキストオブジェクト編集詳細 字幕・テロップ・エンドロールなどの作り方

図形

タイムライン上を右クリックし。
「図形」をクリックすると以下の設定ダイアログが出てきますが。

図形の選択

 

下の方に(デフォルトでは)円と書かれたボックのタブをクリックすると
挿入することができる図形のメニューが出てきます。

また一番下の(ファイルから選択)をクリックすると右に選択ボタンが出てきますのでそれをクリック。
エクスプローラーが開きます


そこからPCに保存してある図形を取り入れることができます。

背景をつける

図形を選んだら背景は黒になります。
背景を変更したい場合には
画像の種類から一番上の「背景」を選ぶと図形は消えて選択した色一色になります。

例えば以下のようになります。

背景の色は下にある「色の設定」のところで変えられます。

背景を変えたあとで図形を表示させるには下のレイヤーに改めて図形を配置します。
例えば円の図形の「色の設定」を白に設定すると以下のようになります。

 

サイズ・縮尺比・ライン幅で図形の形を変える

サイズ・縮尺比・ライン幅を様々に変えていくと。
図形の形や大きさを変えていくことが出来ます。

注意としてはライン幅を下げていって中抜き図形を作る場合。
ゼロすれすれのところでで中抜きできますので。
左端付近でパラメーターを微調整していきます。

すると例えばこんな図形が出来ます。

 

フレームバッファ

「フレームバッファ」を設置したレイヤーよりも(見た目が)上にある全てのレイヤ-を1つの物として扱う機能です。
例えばレイヤーの階層に3つの図形が画面に並ぶように設定して。
更にテキストを入れた場合。

 

その下のレイヤーに「フレームバッファ」を挿入して


出てきた設定ダイアログで編集をかけます。

今回は。
「X軸」を右クリックしてメニューを呼び出し。「直線移動」を選択して。
右のパラメーターを変えました。
次に「回転」をクリックし。
これは「曲線移動」を選択し、パラメーターを動かしました。

するとフレームバッファオブジェクトの上のレイヤーのオブジェクトが
すべてフレームバッファの変更に従って動きます。

なお設定ダイアログの左下にある「フレームバッファをクリア」にチェックを入れると
その影響は停止されます。

このフレームバッファは他のフィルタ効果などと組み合わせて様々な面白い映像を作り出す事ができます。
詳しくは実際に動画を制作する記事に書こうと思いますが。

フレームバッファより上にあるオブジェクト全てに一括でエフェクトを掛けたり、
フレームバッファ自体の「合成モード」を変更して映像の見え方を変えていたt理するのに使われます。

一例として。

円と四角のオブジェクトの下にフレームバッファをおいてみます。


設定ダイアログの右上の➕マークをクリックするとフィルタ効果が現れます。
これを加えて見ます。

例えばフィルタ効果のうち「基本効果」にマウスを当てると基本効果のメニューが出てきます。
この中から「反転」を選び。
設定ダイアログの下に追加で表示された「反転」からどういう反転の仕方をさせるかを決めます。
今回は「左右反転」と「輝度反転」を選択しました。

その他パラメーターを適当に動かしてみて。

すると以下のようになりました。

 

なおフィルタ効果は設定ダイアログを右クリックすると出てくるメニューの中から。
「フィルタ効果を追加」をクリックしても出てきます。

いずれ様々な使い方ができますので使いこなせるようになりたいものです。

 

音声波形表示

音声波形表示とは音声を波の形で表示するオブジェクトです。
再生画面上で音に合わせて「波」が動きます。

なお「音声ファイル」がタイムラインに挿入されていないと動きません^^;

タイムライン上を右クリック→「メディアオブジェクトの追加」→「音声波形表示」

クリックするとタイムライン上にオブジェクトが表示され。
設定ダイアログも表示されます。

左下の方にあるType◯と書かれたボックスの右にあるタブをクリックすると
5つの波形タイプが出てきます。
つまり波の形はデフォルトで5種類あり、様々な形に変えられたり色を変えたりすることが出来ます。

例えば下の図はtype5の音声波形表示です。

 

Type4に設定して音声波形動かしてみると以下のようになったりします。

 

また右の「設定」ボタンをクリックすると「パラメータ設定」ダイアログが出てきますので。
そこで詳細な設定を行うことが出来ます。

シーンとシーン(音声)

拡張編集の左一番上に「Root」というボタンがあります。
これはある場面を『シーン』として何度も呼び出せるようにする機能」です。
つまり動画や音声を保存しておいてそれを呼び出して貼り付けるというものです。

「Root」をクリックすると以下のようなたくさんの「シーン」が現れます。
例えば「Scene1」をクリックすると新しいタイムラインが出てきますので。
そこで動画を編集し、名前をつけます。

左側のレイヤーの名前が書いてあるところを右クリック→「レイヤー名の変更」をクリックし。
出てきたボックスにレイヤー名を書き込み{OK}をクリックすれば名称が変更され。
今の場合ですと「Scene1」ではなく「テスト」が表示されました。

また名前の変更は「Root」の部分を右クリックすることで出てくる「シーンの設定」をクリックし


出てきたダイアログでも出来ます。
ここではさらに詳細な設定ができまして。

画像サイズ
シーンの解像度を指定することができます

アルファチャンネルあり

ここにチェックを入れるとシーンの何も無い部分をアルファチャンネル属性(透明)に変更できます
つまりとRootで作った映像の上に重ねてもRootで作った映像tが見えなくなることはありません。

シーンを挿入するにはタイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「シーン」をクリック。
するとシーンの「映像部分」だけを挿入できます。

同じ様にタイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「シーン(音声)」で、シーンの「音声部分」だけを挿入できます

なお「シーン」をクリックした際。同時に出てくる「シーン設定」のダイアログで「シーン選択」ボタンを9クリックすることでシーンを変更することも出来ます。

 

何度も同じシーンを繰り返したい場合。
シーン機能を使用しないと、いちいち同じシーンのオブジェクトを全てコピーする必要があります。。
シーンを使えば簡単に追加できますので非常に楽です。

直前オブジェクト

1つ上(何もない場合にはその上のレーヤー)のレイヤーにあるオブジェクトをエフェクトなど込みでコピーすることが出来ます。
フレームバッファは上のオブジェクトをすべてに影響を与えるするのに対し
直前オブジェクトは1つの上のオブジェクトだけに有効です。

メディアオブジェクト→直前オブジェクト

例えば三角形の図形に「閃光」エフェクトを追加して。設定ダイアログを以下のぴょうに設定して。

 

その下のレイヤーに「直前オブジェクト」を追加します。
すると全く同じオブジェクトがコピーされます。

設定ダイアログを見ると以下のようになっていて。
直前オブジェクトの方は何のフィルタ効果などもしていません。

しかしエフェクトは反映されています。

そのままだと重なっているので「直前オブジェクト」をX軸パラメーターを動かしました。

この直前オブジェクトを使うと様々な事ができますがそれは別記事で解説をいたします。

パーティクル出力

「パーティクル出力」を使うと、オブジェクトをばらまくように出力することができます。
メディアオブジェクトの追加→パーティクル出力をクリック

レイヤー内にオブジェクトが表示され。
デフォルオでは円(図形)が指定されています。


メインウインドウでは円がどんどん下の方に出てくるのがわかります。

また設定ダイアログを見ても分かる通り。
出力する方向や速さ、拡散角度、大きさなどさまざまな項目を自分の好みに調整することが出来ます。

オブジェクトを変えるには

パーティクル出力ができる種類はたくさんあります。
設定ダイアログの右上にあるをクリックし。
出てきたメニューはすべて使うことが出来ます。

また動画ファイルや画像ファイルは設定ダイアログ左下にある、「参照ファイル」から選択することができます。

詳しい使い方は具体的に動画を作成する別記事で行います。

カスタムオブジェクト

AviUtlのカスタムオブジェクトではあらかじめ出来上がったいくつかの種類のエフェクト(雪や雨が降るものとか集中線とか)を
そのまま使用することができます。

メディアオブジェクトの追加→カスタムオブジェクトをクリックすると
タイムラインに表示されます。

カスタムオブジェクトのメニューは
設定ダイアログの左下のボックスのプルダウンメニューを表示させると出てきます。

それぞれのメニューについては
X、Y、Z、拡大率、透明度、回転」は共通ですが
それ以下の項目に関しては、カスタムオブジェクトの種類によって異なります。

詳しくは別記事に書きますが。
例として集中線だけ解説をしてみます。

X・Y・Zなど共通項目以外の項目には
  1. 濃さ
  2. 速さ
  3. 中心幅

があって。
様々に変えることが出来ます。

例えば以下のようになります。
選択した画像の拡大率を直線移動で大きくしていくよう設定をし更に透明度が下がるように設定しました。
それに集中線のカスタムオブジェクトを下のレイヤーに置き。
そのパラメーターを適宜変更しました。

すると以下のようになります。

カスタムオブジェクトの詳細は別記事で行います。

AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方

合成モード

なおここまでのオブジェクトの設定ダイアログには合成モードがついています。

これを使うことによって様々に色を変化させることが出来ます。

以下は「差分」を指定して白の画像を動かしたものですが。
「差分」を適用すると白に白を重ねると黒になります。

合成モードの基本については以下の記事を参照してください。

AviUtl合成モードの種類とその効果 使い方

 

時間制御

AviUtlでの「時間制御」とは動画を早送りや巻き戻しをしたりコマ落ちや同じ場面を繰り返し再生するときなどに使用するメディアオブジェクトです。

メディアオブジェクトの追加→「時間制御」をクリックします。

時間制御オブジェクトの下に配置されたオブジェクトが時間制御の対象になります。
初期設定では、時間制御より下の全てのレイヤーが対象になっていますが。
それは「対象レーヤー数」を変えることで変更することが出来ます。

 

設定ダイアログのパラメーターは3つだけですが。
左下に「フレーム番号指定」、右下に「対象レイヤー数」があり。
それらを組み合わせて時間制御を行っていきます。

位置パラメーター

時間制御の「位置」の項目はオブジェクトの時間経過率を設定できるもので。
指定した範囲だけ再生したり、逆再生させたりなどができます。

初期設定では左側が0.00 右側が100.00になっています。

0→100なら、最初のスタートから最後まで全部再生されます。。

 

50→100にすると半分から始まり。
最後まで再生します。
が、再生される時間は同じです。

つまり半分になった場合、再生スピードも半分になるので動画全体の時間は変わらないのです。

逆再生

「位置」パラメーターのの左側を大きく、右側を小さくすると逆再生になります。

例えば左のパラメーターを100右のパラメーターを0とした場合。

以下のように動きます。

 

繰り返し

「繰り返し」ボタンで「位置」で指定した区間内を繰り返すことが出来ます。

デフォルトでは1で、その場合は繰り返しは起きませんが。
例えば「5」と指定すると、5倍速の速さで同じ区間を5回再生する事ができます。
ただし再生される時間は同じです。

上記GIFは位置が0から100と設定してあります(全範囲選択)が。
仮にこれを50から100とした場合半分の速度になって。
やはり同じ再生時間内に5回繰り返されます。

コマ落ち

「コマ落ち」を使うことでフレームを間引いて再生することができます。
例えば「2」と指定すると、2フレーム毎に再生されます。
数値が大きくなるほど間引く数が多くなります。

例えば5にした場合。

もとは

ですが。

コマ落ちのパラメーターを20とすると以下のようにカクカクしたものになります。

「フレーム番号を指定」と「対象レイヤー数」

また左下「フレーム番号を指定」にチェックを入れると
「位置」の時間経過率ではなく。フレーム数で位置指定ができます。
パラメーターの数値がフレーム数に変わっていることがわかります。

右下「対象レイヤー数」で時間制御を受けるレイヤー数を指定することが出来ます。
デフォルトでは—となっていてすべてのレイヤーが対象になっていますが
例えばそれを1とすると。
時間制御の下の一番上の円だけが制御を受けます。

その上で時間制魚を2回繰り返しとコマ落ちを20にして動かすと
その下のレイヤーの文字はその影響を受けていないことがわかると思います。

グループ制御

グループ制御は、複数のオブジェクトをまとめてエフェクトを適用したり移動・拡大縮小・回転・反転操作をする事ができるオブジェクトです。

例えば以下のようにした場合。


グループ制御はそれより下のレイヤーに有効です。
一番一番上の星型はグループ制御の影響を受けません。
そのうえでグループ制御の設定ダイアログから「閃光フィルタ」を追加してみます。
すると
星以外のグループ制御の下のレイヤーのオブジェクトはすべて「閃光フィルタ」が適用されていることがわかります。

詳しく解説をしてみます。

グループ制御のやり方

グループ制御を置くとその下にある全てのオブジェクトに対して
まとめて設定することができます。

各パラメーター

タイムライン上の空いているところを右クリック→メディアオブジェクトの追加→グループ制御
で挿入することができます。

設定ダイアログは以下。

ここにあるパラメーターで設定した変更行為目は効果範囲内にある全てのオブジェクトに反映されます。

X、Y、Zは縦、横、奥行き、の位置を調整。

拡大率はオブジェkyとの大きさを調整。

回転(X軸、Y軸、Z軸)は各軸を中心にして回転を調整。

今まで見てきた設定ダイアログではおなじみの設定項目です。

例えば図形を3つとテキストとカスタムオブジェクトを並べた場合。

個の上にグループ制御オブジェクトを載せて
ZパラメーターとX軸回転を直線移動にして。
適宜調整した場合。


以下のようになったりします。

たしかにすべてのオブジェクトがグループ制御で設定された動きをしていることがわかります。

同じグループのオブジェクトを対象にする

グループ制御の下にグループ制御を置くこともできます。

三角形の下にもう一つグループ制御を起き、これには回転全てをランダム移動にします。
以下のように途中に置くと。

この場合途中のグループ制御オブジェクトの「同じグループのオブジェクトを対象にする」にチェックを入れると
一番上のグループ制御の影響を受けなくなります。

途中から星とテキストとカスタムオブジェクトだけが違う動きをし始めるのがわかると思います。

対象レイヤー数

対象レイヤー数がデフォルトでは何も表示がなく。
下に置かれたオブジェクトはすべてグループせり魚の影響を受けるのですが。
レイヤー数を指定するとその指定されたレイヤーのみが影響を受けることになります。

例えば上記の設定で。
下のグループ制御の対象レイヤー数を2にするとカスタムオブジェクトはそのグループ制御の影響を受けず。
さらには一番上のグループ制御の影響もうけないため。
カスタムオヌジェクトだけの設定の動きになり
以下のようになります。

この様にグループ制御は設定次第で振る舞いが大きく変わります。

なので「対象レイヤー数」と「同じグループのオブジェクトの対象にする」の項目は見落としがないようにしたものです。

グループ制御のパラメーターと設定項目を適宜調整して。
動画と図形を適当に組みわせて作ったもの。

グループ制御はとても使い勝手が良いので表現を工夫するときには様々に役に立ちます。

カメラ制御

カメラ制御は、3D編集を可能とするオブジェクトで、カメラ視点を利用して立体的な動画を作ることができます。
立体なので直感的に把握できないことも多いのでかなり難しいですが。
手順を踏んで行けば必ずマスターすることが出来ます。

詳しくは別記事で解説をしておきます。

AviUtil カメラ制御の基本の基本を詳しく解説

フィルタ効果の追加

動画や画像やテキストなどのオブジェクトに対して様々な効果を追加することができます。

注意点としては「メディアオブジェクトのフィルタ効果」はその上のレイヤーにあるオブジェクトのみに有効です。
全体に有効であるためには「フィルタオブジェクト」を使います。

例えば以下のオブジェクトの下に「斜めのクリッピング」のフィルタを追加するとします。

そしてパラメーターを適当に動かして見たのが以下。
中心XYZに関してはYのみ直線移動するように設定し。
あとは適宜変更しました。

フィルタ(エフェクト)に関しては数が多いので別記事でまとめてみます。

AviUtlのすべてのエフェクトのまとめ

まとめ

以上でタイムライン上での右クリックメニューの一番上の「メディアオブジェクトメニュー」についての解説を終わります。
これだけでも相当な量がありますが。

それだけ多機能ってことなので^^;
更に解説を続けていきたいと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳…
  2. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑯カメラ制御オプシ…
  3. AviUtl タイムラインの空いているところを右クリックして出て…
  4. 無料なのに高機能!初心者に敷居が高い動画編集ソフト【AviUti…
  5. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説①色系エフェクト
  6. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説④ぼかし・境界ぼか…
  7. AviUtl テキストオブジェクト編集詳細 字幕・テロップ・エン…
  8. AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑥輪郭関連エフェク…

コメント

サイト構築関連

  1. エックスサーバーでSSL化設定をするやり方を詳細に解説してみた
  2. WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 
  3. Windows10 でフォルダの拡張子を表示するには?
  4. 【Basics of site construction】ワードプレスで日付を消す方法
  5. 独自ドメインのメールアドレスとメールソフトの設定について!Windows10やGmailでで簡単に送受信する方法や
  6. Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
  7. 簡単なワードプレスのバックアップ方法 エックサーバーでの詳細説明
  8. 【Basics of site construction】ドメインの選び方と名前の選定 サブディレクトリとサブドメインの役割について

プログラミング関連

Sponsored Link

おすすめ記事

知っておくと便利なセレクタまとめ

セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…

WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…

WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方

使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…

aタグの活用 記事の途中にジャンプさせたりCSSでリンクボタンを作る

HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…

HTML ul ol liタグで作る箇条書きリスト 使い方の基本

箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…

HTML CSS テーブル(表)の作り方とその装飾の仕方 基本

表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…

HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…

自己紹介

自己紹介

酒場マリアジョイ

酒場マリアジョイ

ウエブマーケティング入門酒場 
マリアジョイ
疲れたら一休み(^_-)-☆

AviUtl

AviUtl

AviUtlの初期設定・使い方の実際
・エンコードなどについて
書いた記事をまとめてあります。

Sponsored Link

普段使い画像編集ソフト

普段使い画像編集ソフト

普段遣い画像編集ソフト
軽快にちゃっちゃか編集できるすぐれものです。

人気の投稿とページ

MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳細
コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方
Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑬アニメーション効果(3)
HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説
AviUtl合成モードの種類とその効果 使い方
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑪アニメーション効果(1)
AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイン Direct GIF Export 2
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑫アニメーション効果(2)
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説③クリッピング・斜めクリッピング・マスク

ソフト・アプリの使い方

PAGE TOP