キャプチャ

画面キャプチャはPrintScreenとSnipping Toolがあればほぼ網羅できる。

Sponsored Link

Sponsored Link

画面のキャプチャには様々なものがありますが。
Windows10に付属している機能であるPrintScreenとSnipping Toolを組み合わせればほぼ網羅できます。

またキャプチャした画像を編集するにはphotoscapeがおすすめです。

Snipping Toolの使い方

Snipping ToolはWindows10(8以降)には標準装備されているキャプチャツールで。
様々な機能がついており。
これだけでもほぼ十分な働きをします。

このツールはスタートボタン→Windowsアクセサリ→Snipping Toolで見つかりますのでそれをクリックするれば起動します。

起動すると以下のような画面が出てきます。
図は起動したSnipping Toolのモードをクリックした状態のものです。

「新規作成」ボタンを押すことでキャプチャが行われますが。
その際にどんな形で切り取るのかまたはウインドウ領域を全てキャプチャするのかを「モード」で選ぶことが出来ます。
モードのタブをクリッして展開して出てきたのから選択します。

普通の切り取りであれば「四角形の切り取り領域」を選択するのがおすすめです。

隣の「遅延」は新規作成を押したあとどのぐらいの時間でキャプチャが行われるのか、
という待ち時間を選ぶものですが。私は待つ必要を感じませんので「待ち時間なし」を選んでいます。

そういう設定を行ったあとキャプチャをしていきます。

新規作成を押すと画面が暗くなりますのでマウスを動かして切り取りたい範囲を指定。
キャプチャを行うと次の画面が表れます。

新しく現れた画面の上には追加されたアイコン応じされています。
一番左のフロッピーマークを押すとエクスプローラーが立ち上がり、保存場所が指定できます。

 

右端の4つのアイコンのうち前の3つはペンと消しゴムで。
ペイントができるようになっています。

(あんまり使えませんが・・・)

一番右がポイント3Dで編集するアイコンで。
キャプチャした図を3D編集することが出来ます。

今回は詳しく解説はしませんが。
立体的な画像を作成することが可能なんで。
ご興味があれば触ってみたら楽しいと思います。

 

とても使い勝手が良いアプリなのでタスクバーにピンどめをしいつでもすぐに使えるようにしておきたいものです。

タスクバーにピンどめする方法ですが。
起動するとタスクバーにSnipping Toolのアイコンが表示されていますのでそこを右クリックをし。
「タスクバーにピン留め」をクリックすればピン留めが出来ます。

 

しかしこのSnipping Toolには一つだけ出来ないことがあります。
それはタブをクリックして出てきた画面がSnipping Toolをクリックすると消えてしまうので。
それをキャプチャすることが出来ません。

例えば上の「タスクバーにピン留め」画像とか先ほども出てきた以下のような画像です。

モードの右のタブをクリックすると画面が出てきましたが。
これはクリックをすると消えてしまいます。

これをキャプチャするにはキーボードだけでキャプチャができるPrintScreenで画面全体をキャプチャすればその部分も画像に反映されます。

PrintScreenの使い方

全画面キャプチャはキーボード操作でWin+PrintScreenを同時に押せば表示されている画面がそのまま保存できます。

 

またキャプチャ画像はピクチャフォルダの中に「スクリーンショット」フォルダが自動生成されます。
スクショした画像はここに保存されます。

エクスプローラーを開くと。
PC→ピクチャフォルダ→スクリーンショットと出てきます。

画像を見るにはそのフォルダをクリックします。

先程も書きましたが、PrintScreenは画面上でクリックすると消えてしまうような
画面が表示されているものをキャプチャする場合に非常に便利です。

この2つと使いやすい画像編集ソフトがあれば記事の中で画像で説明する場合ほとんどの用を足すのではないかと思います。

photoscapeの使い方についてご興味がある方は以下の記事を参照してください。

画像編集ソフトphotoscapeでヘッダーを作成してみよう

全画面キャプチャと画像編集ソフトを組み合わせるやり方

一つだけ例を書いておきますと。

以下の画像は。

まずマウスで「効果の変更」をクリックし。
出てきた画面をそのままにしてWin+PrintScreenを押して全画面のキャプチャ

それが「スクリーンショット」ファイルに保存されたものをphotoscapeの画像編集画面に挿入し。
トリミングをしたあとでオブジェクトから枠を四角に囲むアイコンをクリックし。
保存したものです。

本当はSnipping Toolで採用箇所を切り取ればいいんですが。
そうすると消えてしまう画像は一旦Win+PrintScreenを押しての全画面のキャプチャ。

それを画像編集ソフトに放り込んで加工という風にひと手間多くかけます。

これだけで画像編集はほぼ完全に、かつ迅速にできます。
無料で軽快。

おすすめです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. GIF形式で動画を保存したり動画・画像を編集するのに超便利!無料…
  2. 画像の編集ソフトPhotoscapeの使い方②複数画像の一括編集…
  3. 無料で軽快で使いやすい 画像編集ソフトPhoto Scape の…
  4. 画像編集ソフトphotoscapeでヘッダーを作成してみよう
  5. 画像の編集ソフトPhotoscapeの使い方①ダウンロードから画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト構築関連

  1. 簡単なワードプレスのバックアップ方法 エックサーバーでの詳細説明
  2. エックスサーバーでSSL化設定をするやり方を詳細に解説してみた
  3. 【Basics of site construction】ドメインの選び方と名前の選定 サブディレクトリとサブドメインの役割について
  4. WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方
  5. Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
  6. 【Basics of site construction】ワードプレスで日付を消す方法
  7. WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ
  8. WordPressのフォルダ構成とバックアップの仕方

プログラミング関連

Sponsored Link

おすすめ記事

知っておくと便利なセレクタまとめ

セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方 総まとめ

WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…

WordPressエディタ「Gutenberg」で用意されている各ブロックの解説 

前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…

WordPress新エディタ「Gutenberg」の使い方

使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…

aタグの活用 記事の途中にジャンプさせたりCSSでリンクボタンを作る

HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…

HTML ul ol liタグで作る箇条書きリスト 使い方の基本

箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…

HTML CSS テーブル(表)の作り方とその装飾の仕方 基本

表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…

HTMLとCSS 初歩的な文字装飾 基本まとめ

文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…

自己紹介

自己紹介

酒場マリアジョイ

酒場マリアジョイ

ウエブマーケティング入門酒場 
マリアジョイ
疲れたら一休み(^_-)-☆

AviUtl

AviUtl

AviUtlの初期設定・使い方の実際
・エンコードなどについて
書いた記事をまとめてあります。

Sponsored Link

普段使い画像編集ソフト

普段使い画像編集ソフト

普段遣い画像編集ソフト
軽快にちゃっちゃか編集できるすぐれものです。

人気の投稿とページ

MPC-BE 優れた動画再生ソフトの設定と使い方基本的なことの詳細
コーデックとしてUt Video Codec Suiteの特徴と設定の仕方
Windows10でブルーライトカットの設定 コントロールパネルの使い方
HTMLで動画や画像を埋め込みする方法を詳説
AviUtl 便利で楽しい カスタムオブジェクトの使い方
AviUtil カメラ制御の基本の基本を詳しく解説
AviUtlでGIF形式で動画を保存することができる出力プラグイン Direct GIF Export 2
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説③クリッピング・斜めクリッピング・マスク
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑤透過・透明化エフェクト クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー
AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑬アニメーション効果(3)

ソフト・アプリの使い方

PAGE TOP